クラフトマン日記

  • [解説] ネックの反りの個性とフレットの関係性

    ギターのネックの反りには、一本いっぽん様々な個性があり、それに連動するフレットの弦への干渉の度合いが、鳴りや弾き心地に影響します。ネックの反りの個性や、ネックの反りとフレットとの関係性についての解説です。
  • サドル上面の調整の必要性について / アコギ編

    あまり認知されていませんが、アコースティックギターのサドルは、上面の調整も必要です。調整がされていないと、そのギターのフレット R とのバランスが合わず、弦高バランスが乱れることもあります。調整の必要性についての解説です。
  • サドル調整の必要性について / Tune-O-Matic 編

    あまり認知されていませんが、Tune-O-Matic タイプのブリッジは、サドルの調整が必要です。調整されていないとどのようなことが起こりえるか、なぜ調整が必要なのかについての解説です。
  • [解説] サドルを低くする前に踏まえるべきポイントについて / アコギ編

    「弦高が高い!」と感じると、低くしたくなるアコースティックギターのサドルですが、削る前に踏まえるべきポイントがあります。そのポイントについての解説です
  • [解説] ナット調整の必要性について

    あまり認知されていませんが、ナットの調整はギターのセッティングにおいて重要な要素の一つです。なぜ調整が必要で、されていないとどのような影響があるのかの解説です。
  • [解説]リフレットの目的とメリット

    今日は、リフレットについてお話ししたいと思います。リフレットと一口に言っても、色々な切り口がありますので、日頃よくご質問いただく、1. リフレットが必要なネック状態とは?2. リフレットの目的とメリットは?の、2点について解説したいと思います。1. リフレットが必要なネック状態とは?「フレット...
  • [解説] ネックの反りとフレットの関係

    今日は、ネックの反りとフレットの関係性についてお話ししたいと思います。ネックの反りとフレットと言っても、色々な要素がありますので、日頃からよくお客様にご質問いただく、以下の3点についてお話したいと思います。1. ネックはまっすぐじゃないの?2. ネックの反りの種類3. ネックの反りとフレットの...
  • ギター製作 道具紹介 「スクレーパー」

    ギターを製作する上で「専用工具」は必要不可欠な道具で、特殊な工程に対して使い勝手が良い様に考えられた工具が数多くあります。ドライバーやニッパーなどは製作にご縁が無い方でも何をする工具なのか一目で分かるのですが、専用工具には専門性故に何に使用する工具なのか想像もつかない見た目の物もあります。本日...
  • Gibson ギターの歴史 Part.4

    〜前回〜Gibson ギターの歴史 Part.3 https://bit.ly/2PUXRW8前回では、とうとう初代Les Paul Modelの産声が上がりましたね!この仕様のまま市場でFenderとバチバチ競争するかと思いきや、発表翌年の53年には早速マイナーチェンジを行います。改良点...
  • Gibson ギターの歴史 Part.3

    〜前回〜Gibson ギターの歴史 Part.2 https://bit.ly/2URuwkV前回は、良き好敵手であるFenderが50年にTelecaster(Broadcaster)を市場に発表し、エレキギター市場への参入でGibson社は一歩先を行かれてしまいました。 そんな中、皆さん...
  • レスポールは重い!?

    よく「レスポールは好きなんだけど、(重量が)重いから他のがいいかな。。。」という言葉を聞きます。「レスポールは重い」という印象を持たれている方は多いようです。はたしてそうでしょうか? 小職の知識と経験から言わせていただくと、間違いでもあり正解でもあります。 シンプルに回答すれば、グ...
  • Gibson ギターの歴史 Part.2

    今回のクラフトマン日記も前回に引き続きGibsonギター史になります! ↓Gibson ギターの歴史 Part.1↓https://bit.ly/2OYeqQc ※各項目の詳しい年代・詳細には諸説ある為、多少の誤差はご容赦お願いします。前回は、レスポール登場前までザックリ書きピックアップの...