ギターの鳴りや弾き心地は、ネック、フレット、ナット、サドルの状態が大きく作用しています。

GLIDEが導入している"PLEK(プレック)"とは、ギターの状態をスキャンして可視化し適切な調整を施すことで、鳴りの悪さや弾きにくさを引き起こす要素を取り除いた上で、理想のセッティングを実現します。

近年、欧米のハイエンドメーカーや老舗リペアショップでも続々と導入されており、ギターの一本一本をベストな状態に導くために必須と言っても過言ではないかもしれません。

1. PLEK(プレック)とは

PLEK(プレック)とは、弦を張った状態のネックの反り、フレット、弦の振幅、ナット等を1/1000mm単位で測定・可視化し、フレット形成も行う機械とその処置のことを指します。

弦が張られている状態、つまり演奏時と同じ状態のギターを測定、診断、調整できることは、デジタルゆえの強みと言えます。

PLEKを施す様子

2. PLEKの工程

+

ネックの反り、各フレットの高さと R 、ナット溝の深さ、弦の振幅等の鳴りを構成する要素およびナットとサドルから成る支点と各ポジションのフレットの頂点等の弾き心地を構成する要素について、1/1000mm単位という目視や感覚を遥かに凌ぐ正確さで測定、可視化します。

これらのデータを元にギターやベースがどういう状態にあるかを正確に把握し、生じている問題の原因を特定した上で、希望のセッティングに対してどのように調整を施せばベストかをシミュレーションしていきます。

PLEKで測定したネック、指板、フレットのデータ
PLEKで測定したネックの反り、指板、フレットのデータ
+

PLEK は、ネックの反り具合、ナット高、フレットの高さとR、サドルの高さ等の鳴りと弾き心地に関わるそれぞれの要素をどのように調整すればどのような影響があるかをシミュレートできます。

前の工程で特定した原因を取り除きながらも、いかに各要素を調整すれば、鳴りと弾きやすさを両立した上で目指すセッティングを実現できるのか、クラフトマンが頭を使いながら検証していきます。

弦高やフレットの高さを変える事で、弦の振幅にどのような影響があるかをシミュレートする画面
弦高やフレットの高さを変える事で、弦の振幅にどのような影響があるかをシミュレートする画面
+
   

一般的にはあまり認知されていませんが、ネックの中に、順反り、逆反り、うねり、ねじれ、ハイ起き等、様々な反りが混在しているのが普通のネック状態と言えます。これは、ネック状態が悪いわけではなく、木製品ゆえの特性と言えます。

ネックが反るのは必ずしも悪いことではありませんが、反りに伴いフレットバランスも変わりますので、ネックの個性に合わせてフレットを整えなければ、弦の振幅がフレットに当たり、音詰まりや鳴りのバラツキ、弾きにくさを生みます。 そのため、ネックの個性や状態に合わせたフレット形成(すり合わせ)は必須と言え、ほとんどの鳴りの悪さは、フレットバランスの乱れから引き起こされています。

一般的なフレットすり合わせと PLEK のフレット形成(すり合わせ)の違いは、弦の張力を前提としているか否かです。ネックは、弦を張った時と緩めた時では、反り方が大きく変わります。どれだけ精巧に作られたネックでも、大事なのは、弦を張って(張力がかかって)どう反る(しなる)かです。

PLEK では、弦の張力がかった状態で測定、シミュレーションを行い、その数値を元にフレット形成を行います。弦を外した状態で、目測で行う一般的なすり合わせでは実現できない、弦の振幅に対して最適なフレット形成を、PLEK は実現することができます。

フレット擦り合わせ後のスキャンデータ
PLEK後のスキャンデータ PLEK後のスキャンデータ2
+

ナットは、弦の支点としても重要なパーツあるために、鳴りや弾き心地にも大きく影響します。弦高は、ナット、サドル、フレットの頂点の3つの要素で決まりますので、ナットとサドルのバランスが適切でなければ、弾きにくさや鳴りの悪さを生んでしまいます。

PLEK は、弦のゲージとチューニング、弦高に対して最適なフレット高(溝の深さ)を算出し、現状とのギャップを可視化することができます。

GLIDE では、PLEK が算出した数値を元に、弾き心地の体感的な要素を踏まえ、実測値と感覚値の両方の視点を合わせながら、クラフトマンが最適に調整します。

   
+

鳴りの悪さや弾きにくさを取り除いた後は、実測値と感覚値の両方の視点を元に、ご依頼に合わせて熟練のクラフトマンがしっかりとセットアップします。

   

3. なぜ PLEK を活用した調整が有効なのか?

それは、ギター・ベースは、フレットが打たれた弦楽器だからです。

一般的にはよく、ギターの状態やセッティングを表す際に、「ネックの反りはどうで、弦高が何ミリ」という説明をします。この説明が間違っているわけではありませんが、フレットが打たれた楽器として大事なのは、フレットの頂点を結んだラインが弦の振幅に対して適切かどうかです。例えば、どれだけ理想的な反りのネックでも、もしフレットバランスが乱れていれば、弦の振幅がフレットに当たり、音詰まりや鳴りの悪さを引き起こします。

また、弦を張りチューニングし張力がネックにかかると、ネックの中には様々な反りが混在します。これは、木製品ゆえの特性と言えます。そのため、弦の張力がかかったネックの状態に対しフレットを最適に整えなければ、良い鳴りを得ることはできません。逆に言えば、ネックの個性に合わせてフレットを最適に整えれば、鳴りを格段に向上させることができます。

また、「指板 R = フレット R」と思われていますが、これはあくまで、ネックが理想的にしなって(反って)くれている前提になりますが、ほぼ全てのネックは、上記のように様々な個性を持っています。
そのため、ネックの反りに伴い、フレットの R も変わります。PLEK では、目測の難しいフレット R も可視化できるため、ナットとサドルのフレットに対する適正値も分かります。このナットとサドルをフレット R に対して適切に調整するプロセスは、鳴りだけでなく、弾き心地にも如実に影響します

これらの鳴りと弾きやすさを高めるために重要な要素の全てを弦の張力がかかっている状態で可視化し、最適な調整を施し、理想のセッティングを実現できるため、PLEK を活用した調整が有効なのです。

弾き手が感じている鳴りの悪さや弾きにくさを的確に改善し、より長く楽しんでいただくための最善のプロセスとも言えます。

4. PLEKにより解決できるお悩み

PLEKは下記の様なお悩みを解決します。
お悩みをクリックすると、PLEKしたお客様の声が表示されます。

+

「非常に低い弦高にも関わらず、ナットから最終フレットまで綺麗に鳴ります。」

Gibson 1965年製 Firebird
金野順一 様

PLEK ユーザーレビュー:金野さまの写真
PLEKした理由

このギターは以前に一度リフレットしたのですが、長く時間が経った最近、妙なビビリ音が発生し響きが悪く感じるようになりました。弦高を高くすれば解消するのでが、それでは弾きにくくなってしまいます。
PLEK のことを検討している中、GLIDEさんから適切な回答とアドバイスがあり、依頼を決断しました。

PLEK後の感想

PLEK が終わったギターを受け取り弾いてみたところ、12フレット上で1ミリほどの非常に低い弦高にもかかわらずナットから最終フレットまで綺麗に音が鳴りました。さらに、弾き心地もとても滑らかです。
音の濁りも消え、全てのポジションで澄みわたった響きを得られ、コードの響きも美しくなりました。

PLEKを薦めたい理由

弦高を下げたいけど下げるとビビりが出てしまう方や、単音及び和音の鳴りや響きがポジションによって異なる症状のある方には、ぜひとも PLEKをお勧めしたいです。
私も手持ちのギター全てをPLEK したいと思い、70年代製のシンラインにもリフレットとPLEKを依頼し、こちらの仕上がりにも大変満足しています。

+

「GLIDEさんのPLEKサービスには大変満足しています。所有している他のギターも依頼したいと思います。」

Gibson Les Paul Gold Top
稲田 様

PLEK ユーザーレビュー:稲田さまの写真
PLEKした理由

ネック反りのせいで生音が綺麗に鳴らなくなったと感じていて、以前、他の楽器屋にリペアを依頼したところイマイチ改善を感じませんでした。
しかしPLEKでは、1/1000mm単位で機械調整ができるということを知り、期待できるのではと思い依頼してみました。

PLEK後の感想

PLEKしてもらったギターを弾いてみての感想です。

  • サスティンの伸びが良くなった
  • 音のバランスが良くなった(コードの響きがよくなった)
  • 全体的に音厚が増した
  • 弦高を低くしてもらったにも関わらず音が伸びキレイに鳴る
  • フィンガリングがスムーズにできるようになった。特にハンマリング、プリングが容易になった
  • 自分のギターの潜在能力を実感することができて、以前よりも愛着が高まった

あと、ホームページではスキャンデータ等、見方がイマイチわからなかったのですが、返却されたギターに同梱されたレポートには説明が書かれており、PLEK前後のネックとフレットの状態の比較データがあり、とても分かり易かったです。
本当に体感できるほどの効果を感じられるかどうかと、ギターを送った後に追加費用を請求されるのでは無いかという不安はありました。
そんな懸念はあったものの、全て杞憂に終わりました。

PLEKを奨めたい理由

セッティングをしてもイマイチ納得する音が出ないと感じている人、今まで一度もメンテに出したことがない人、弾きにくさを感じている人などにPLEKはお勧めだと思います。
全体としてGLIDEさんのPLEKサービスには大変満足しています。また、新品ギターにもPLEKが必要だということがわかり、どれだけ調整が大事であるのかも伝わりました。
所有している他のギターも依頼したいと思います。

+

「前回データをもとに同様のコンディションを作り出すことができます。」

MTD 535-24
菊池愛斗 様

PLEK ユーザーレビュー:菊池さまの写真
PLEKした理由

経年変化によりネックのコンディションが悪くなってしまったため、現状の確認とトータルセットアップをしたいと思い、PLEK を依頼しました。

PLEK後の感想

PLEKが終わったベースを弾いた第一印象として、鳴りが非常に良くなったと感じました。
ローアクションでのセットアップで依頼したのですが、嫌なビビリもなく、本来のMTDらしい音質と弾き心地を取り戻せて非常に満足しています。
また、フレット処理も非常に丁寧に行われており、満足いく仕上がりでした。
さらにPLEKでは、依頼者自身もネックの状態やすり合わせ箇所、切削量を確認することができるため、楽器の状態を理解でき安心できると思いました。

PLEKを薦めたい理由

PLEKは、前回データをもとに同様のコンディションを作り出すことができます。
そのため、日本のように四季のある気候でも、楽器を最高の状態に保てる非常に頼もしい存在だと感じました。
愛器を永く大切に弾いていきたいと思う全てのギタリスト、ベーシストの方におすすめしたいですね。

+

「正直、ここまで効果があるとは思っておりませんでした。」

清水秀樹様 / Gibson Southern Jumbo

PLEK ユーザーレビュー:清水さまの写真
PLEKした理由

そろそろSouthern jumboをメンテナンスに出さなくちゃなと思っていたところ、ギターを弾く時に感じていたなんとなくの不愉快さを、ここでなら改善できると思いGLIDEに依頼させていただこうと決めました。

PLEK後の感想

正直、ここまで効果があるとは思っておりませんでした。 Southern Jumbo そのもの、素材の音が出ている、そんな印象を受けました。 以前もそれなりにバランスの取れた音は出ていましたが、更に、一切の雑味が取れており、それはチューニングの時点から分かりました。 今までこのギターの癖だと思っていた僅かなビビりも無くなり、クリアな音が前に出てくる感じです。

+

「弾きやすい、鳴りが良い、ビビリ・ツマリが全くない、音がバランス良くまとまっている・・・驚きました。」

Furch OM27
NORO 様

PLEK ユーザーレビュー:NOROさまの写真
PLEKした理由

購入以来、どうもお店で感じた鳴りの良さと、反応のフィット感が得られなくなっていました。購入後、弦高を下げのリペアをした事でバランスが崩れたように感じていましたので、弦高調整と鳴りの改善の為、ファイスブックで知ったPLEKに興味を持ち、GLIDEさんに依頼する事にしました。

PLEK後の感想

2週間ほどで手元に戻ったのですが、思ったほどは弦高が下がっておらず、少々訝しく思いながらチューニングをして弾いてみたら、弾きやすい、鳴りが良い、ビビリ・ツマリが全くない、音がバランス良くまとまっている・・・驚きました。各弦・各ポジションでのサスティーンは改善されていて、とにかく鳴ります。特に低音部のサスティーンの改善には当初耳を疑いました。 OMサイズでありながら、低音の存在感が素晴らしかったので購入したギターです。喜ぶべき改善であります!アコギが弦高以外の要素でここまで弾きやすくなるのだと言う事を、恥ずかしながらこの年になって初めて実感しています。もちろん、弦高はPLEK以前より下がっていましたが、それ以上にギターの持つクオリティーがいかんなく発揮される上に、操作性がスムーズであるところが素晴らしいわけです。

PLEKを奨めたい理由

もうすでに、親しいギター仲間には勧めています。理由は、いいギターをポテンシャルの高い状態で鳴らしてあげる事が、演者にとってもプラスになるからです。今回は良い経験をしました。

5. PLEK前後の状態をレポートにてご報告

お客様の楽器の状態が、PLEKの前後でどのようになったのかを分かりやすくまとめたレポートをご提出いたします。
PLEK-report

6. 料金について

  • 基本料金 ¥19,800 (税込)
  • -作業内容-
    ・スキャン測定
    ・ネック調整、フレット形成
    ・ナット調整、サドル調整整
    ・ご希望に合わせたセットアップ

     
  • 追加料金
  • ・ロック式トレモロ搭載のギター +¥3,300
    ・アコースティックギター+¥3,300
    ※パーツ交換等が必要であると判断した際には、お見積もりを提示させていただきます。

  • 送料
  • 当店に楽器をお送りいただく際は、元払いでお送りください。
    当店からお客様へお送りする際の送料もお客様のご負担となります。ご了承ください。

    ご返却時の送料

  • 梱包材セット +1,260(送料込み)
    ※ご希望の方のみ
  • 梱包材の調達にお困りの際には、当店から楽器の梱包材セット(楽器用ダンボールとエアパッキン)をお送りいたします。

     

お申し込みはこちらから!
(ご満足頂けなければ全額返金保証)

7. お申込みからご返却までの流れ/納期について

  1. お申し込み
  2. 下記の「PLEKお申込フォーム」にて、お客様の情報、楽器の情報等を記入していただきます。

  3. 楽器の発送
  4. 下記住所まで楽器をお送りください。
    当店に楽器をお送りいただく際は、元払いでお送りください。
    当店からお客様へお送りする際の送料もお客様のご負担となります。ご了承ください。

    発送先
    〒986-2261
    宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原地内
    シーパルピア女川E-19 GLIDE PLEK 係

     

    ご希望の方には、梱包材セット¥1,260(送料込み) をお送りします。

  5. 決済/ご返却
  6. PLEKの処置が完了後にご決済となります。お支払い方法は、下記からお選び頂けます。

    • 銀行振込 ※300円OFF
    • 代引き
    • クレジットカード(一括/分割)
    • ふるさと納税(税込14,300円相当分のみ※それ以外の料金は別途上記方法にてお支払い頂きます)

    決済が完了次第、ご返却いたします。
    納期は、当店に楽器が到着してから約1週間となります。

PLEKお申込フォームへ

8. ご相談/ご質問について

お悩みやご相談は、クラフトマンにお気軽にお問い合わせください。

     
  1. WEBより問い合わせる
  2. お問い合わせフォーム
    買った時よりも鳴りが悪くなった気がする
    自分の楽器がベストな状態なのか不安に思う
    不満はないが、もっと鳴りをよくしたい
    不満はないが、もっと弾きやすくしたい
    .

    お電話(0225-98-7220)、 Facebook Messenger でもご相談いただけます。

    ※万が一、48時間以内に回答が無い場合には、お手数ですが下記のお電話番号かメールアドレスにその旨をお知らせください。
    TEL:0225-98-7220
    Mail:info@glide-guitar.jp

     
  3. 電話で問い合わせる
  4. TEL 0225-98-7220
    営業時間 8:30〜17:30(木曜定休)

9. よくあるご質問

+
承っております。お気軽にご相談ください。
+

以下の場合、追加料金を頂きます。
・ロック式トレモロ搭載のギター +¥3,300
・アコースティックギター+¥3,300
※パーツ交換等が必要であると判断した際には、お見積もりを提示させていただきます。

+

アコースティック、エレキを問わず、ほとんどのギターやベースに対応しています。もちろん多弦も対応できます。

現時点では、マルチスケールとフレットレスには対応しておりません。

また、下記のギター・ベースは個体によってPLEK出来ない場合がございます。お申込みの前に一度お問合せください。

      
  • フレットも塗装されている
  • フレットレスワンダー
  • トラスロッドが無い
  • ダブルネック
  • 極端に弦やフレットが多い場合
  • SIRE製品(モデルによりますので、別途お問い合わせください)
  • Takamineのガットギター
  • Parker製品(全モデル対応できません)
  • 特殊な変形ギター・ベース(Flying V、Explorer、Mockingbird、Razorback 等のスタンダードな変形シェイプは対応可能です)
  • ガットギター
  • スキャロップド指板のもの
  • ビザールギター
 

※申し訳ありませんが、ウクレレ、マンドリン、バンジョーは対応することができません。

+
はい、新品のギター・ベースにも、確実に効果があります。
メーカーさんからの出荷時は、全てのギター・ベースに対して標準的な(同一の)フレットすり合わせや調整が施されていますが、弦を張った時のネックのしなりや反りは、一本ごとに異なります。
PLEKにより、一本ごとのネックの個性に合わせてフレットを整えることで、鳴りを格段に高めることができます。
また、デフォルトの設定になっているナットやサドルも調整することで、お客様にとってベストな状態でお届けすることができます。
   
+
はい、弦は外さず、ペグを何周か緩めた状態でお送りください。新しい弦に張り替える必要もありません。
+
はい、PLEK後の状態にご満足いただけない理由等をお知らせいただければ、すぐに返金いたします。安心してPLEKをお申し込みください。

10. お客様の声

①お悩みを解消したお客様
②理想のセッティングを実現したお客様
③新品にPLEKして購入されたお客様

お悩みを解消したお客様

越川直人様
PRS SE Custom24

「ギターのグレードが上がったように思えました。感動して、もう1本のPRSもPLEKをお願いしてしまいました!」

PLEKした理由

PRS SEをカスタマイズしてグレードアップをしたいと思い、ペグやPUの交換をすでにしておりましたが、更に弾き心地を良くするための方法を探していたところGLIDEさんでのPLEKを見つけました。 PLEK には、音の鳴りの向上と、ポジションごとの鳴りのバラツキの解消を期待していました。

PLEK されたギターを弾いての感想

もともと、ポジションによっては弾きづらいポジションがありましたが、それが解消していました。ギターのグレードが上がったように思えました。 感動して、もう1本の PRS も、PLEKをお願いしてしまいました!

スタッフからのコメント

越川様のギターは、もともと良好に入るほどの状態でしたが、スキャン測定からより鳴りを高められる改善ポイントを見出しました。 特に、ご本人も感じられていた鳴りのバラつきはフレット高のバラつきによるものでしたので、それらを整える調整を施しています。その効果を実感してもらえて、とても嬉しく思います!

清水秀樹様
Gibson Southern Jumbo

「正直、ここまで効果があるとは思っておりませんでした!」

PLEKした理由

そろそろメンテナンスに出さなくちゃなと思っていたところ、ギターを弾く時に感じていたなんとなくの不愉快さを、ここでなら改善できると思いGLIDEに依頼させていただこうと決めました。

PLEK されたギターを弾いての感想

正直、ここまで効果があるとは思っておりませんでした。 Southern Jumbo そのもの、素材の音が出ている、そんな印象を受けました。 以前もそれなりにバランスの取れた音は出ていましたが、更に、一切の雑味が取れており、それはチューニングの時点から分かりました。 今までこのギターの癖だと思っていた僅かなビビりも無くなり、クリアな音が前に出てくる感じです。

スタッフからのコメント

ご本人様が感じられていたように、もともと鳴りのバランスは良い状態でした。 ただ、指板面に波打ち気があることからフレット高にバラつきがあり、鳴りが抑えられている部分も多く、改善すべき点もありました。それらを整えることで、本来の鳴りの良さを引き出すことができました。 清水様にも実感いただけまして、嬉しく思います!

NORO 様
Furch OM27

「弾きやすい、鳴りが良い、ビビリ・ツマリが全くない、音がバランス良くまとまっている・・・驚きました。」

PLEKした理由

購入以来、どうもお店で感じた鳴りの良さと、反応のフィット感が得られなくなっていました。 購入後、弦高を下げのリペアをした事でバランスが崩れたように感じていましたので、弦高調整と鳴りの改善の為、ファイスブックで知ったPLEKに興味を持ち、GLIDEさんに依頼する事にしました。

PLEK されたギターを弾いての感想

2週間ほどで手元に戻ったのですが、思ったほどは弦高が下がっておらず、少々訝しく思いながらチューニングをして弾いてみたら、弾きやすい、鳴りが良い、ビビリ・ツマリが全くない、音がバランス良くまとまっている・・・驚きました。 各弦・各ポジションでのサスティーンは改善されていて、とにかく鳴ります。 特に低音部のサスティーンの改善には当初耳を疑いました。 OMサイズでありながら、低音の存在感が素晴らしかったので購入したギターです。喜ぶべき改善であります! アコギが弦高以外の要素でここまで弾きやすくなるのだと言うことを、恥ずかしながらこの年になって初めて実感しています。 もちろん、弦高はPLEK以前より下がっていましたが、それ以上にギターの持つクオリティーがいかんなく発揮される上に、操作性がスムーズであるところが素晴らしいわけです。

スタッフからのコメント

NORO 様の Furch は、ハイ起きと強めの順反りから鳴りが抑えられておりましたが、弦の振幅に合わせてフレットを整えることで、本来の美しくも力強い鳴りを取り戻すことができました。 弾きやすさはを構成するのは、弦高の実測値だけでなく、フレット、ナット、サドルのバランスも重要ですが、そういったバランスを整えることでの弾きやすさにもご納得いただけて、嬉しい限りでございます^^

猪野 様
Fender Mexico Stratocaster
D'Aquisto Jazz Line

「鳴りが良くなり音が前へ出るようになりました。」

PLEKした理由

ギターのネックが反ってきてしまって、腕の良いリペアショップはないかと探していたところにGLIDEさんを見つけ、PLEKすることでどれほど変わるかを試してみたくて依頼してみました。

PLEKの感想

鳴りが良くなり音が前へ出るようになりました。想像以上に良かったので、2本目を依頼し、それにもとても満足できました。
安いギターであってもかなり良くなりますので、みなさんも大事にしているギターはぜひ試してもらいたいですね。これからもお世話になります。 ありがとうございました

笹原 様
Ibanez JBM-27

「持っているギターに不満がある場合、新しいギターを買う前に「とりあえず」PLEKしてみると良いと思います。」

PLEKした理由

所有しているギターを弾き込んでいくにつれて、フレットの減りやネックの反りやねじれが気になってきました。それらを「数値化して調整できる」ということにとても興味を持ち依頼しました。

PLEKの感想

フレットの不具合やネックの反りも改善され、ローポジションからハイポジションまで気持ちよくプレイできて、弦の鳴りもかなり向上していました。特に、弦高を低めにお願いしたのですが、思っていた以上の低さにもかかわらずビビりが気にならない状態だったことには驚きました。
また、PLEK前と後の状態を可視化、数値化して、紙に印刷してギターと一緒に送付してくれるのはとても分かり易くて良かったです。
持っているギターに不満がある場合、新しいギターを買う前に「とりあえず」PLEKしてみると良いと思います。それくらいそのギターの印象が変わると思います。

あとはネックやフレットに問題がある場合や、鳴りが悪くなったかも?と感じた時にはお薦めです。
他にも何本かPLEKをお願いしたいギターがありますので、その時はまたよろしくお願いします。

下野孔明 様
FGN Expert OS,Ibanez Iron Label

「PLEKは弾きやすさだけではなく、音にもプラスに作用します。」

PLEKした理由

ハイポジションで2〜3箇所、音が詰まりや過剰なビビリが起こるようになったため、PLEKを依頼しました。

PLEKの感想

精度が本当に高いのかは不安でしたが、PLEK後は音の詰まりやビビリが解消され、全体的に弾きやすくなりました。さらにはどのポジションでも、弾き心地のバランスが良く、押弦も軽くスムーズになりました。コードでも音の鳴りが良くなったことが実感できます。
実は私がPLEKしていただいたうちの1本は、ネックが軽く捻れていたらしいのですが、それも解決でき、現状では全く演奏に問題はありません。

PLEKは単にすり合わせを行うだけではなく、ネックの反りを適切に調整した上で、高精度に分析して擦り合わせを行いますので安心です。
弾きやすさだけではなく音の鳴りにもプラスに作用するので、ぜひ試してみてください。
しばらく使っていたギターがなんとなく前より弾きづらくなってきたという方や、そこそこ良いギターを買ったけど音や弾き心地がしっくり来ないという人にも、とても良いと思います。

理想のセッティングを実現したお客様

今までのすり合わせとは全然次元が違うんだなあと実感しました。

PLEKした理由

何本か古いギターがあり、そろそろすり合わせしようかなという時期にGLIDEさんにPLEKが導入された事を知りました。もともとPLEKに興味もあったので依頼しました。



PLEKの感想


捻れていたネックがPLEKによって正確なフレット面が出て弾きやすくなり、これは物理的に弾きやすいということと聴覚的に滑らかになるというか、ピッチが正確になるような感覚があり、思わずニヤッとしてしまいました。
また効果としては、ポジションによる弾き心地の差が感じられにくくなり滑らかになる感覚があります。更に言うとすればアタックが揃うようになり、コードもバランス良くなりました。
今までのすり合わせとは全然次元が違うんだなあと実感しました。
お悩みをお持ちの方にはもちろんのこと、少しでも楽にギターを弾きたいと思ってる人なら、是非お奨めしたいですね。
私もその後、4本ほど PLEK してもらいました。

PLEKしたギター

Jame Tyler Studio elite HD, James Tyler Studio elite DX, Moon ST model
本多浩 様

最近なんか弾いても気持ちが高揚しなかったベースが、見違えるように魅力的になりました。

PLEKした理由

以前よりPLEKの存在はなんとなく知っておりましたが工程の具体的イメージも無く、「次にすり合わせ出すようなことがあればPLEKにしよう」と漠然と思っていました。
調べていくとバズに対処するためのすり合わせとは次元の違う、「響きと弾きやすさを向上させるための測定器&シミュレーター&精密加工機」であることが分かり、手持ちのベースで一番状態の悪そうなモノで試してその効果に驚いたので順次お願いしています。
別の会社さんにお願いしたものも含め今回で4本PLEKを行いました。

PLEKの感想

同じ弦であればどのフレットでも同じように響くようになります。極端に弦高を高くすれば当たり前の事ですが、凄く低いセッティングでも同様です。 つまり、どのような弦高においても(その弦高の範囲でですが)最大限に弦が振れている状態になるのでローアクションのセッティングが鳴りを損なわずに行えるようになります。
昔から持っているけど、最近なんか弾いても気持ちが高揚しなかったベースが、見違えるように魅力的になりました。

年数を経た愛機がちょっと弾きにくい、弾いていても楽しくないというお悩みをお持ちの方は是非、PLEK してみるべきだと思います。 セッティングの幅も広がりますし、プロのセッティングを一度知っておくと色々役に立ちます。

なぜ発送という手間を掛けてまでGLIDEさんに…という話ですが、GLIDEさんではデータシートが戴けて納期も短く、またメールで問題点や修正の具体的内容を教えて頂ける等、大事な楽器を任せて安心!の仕事をして戴きました。
特にデータシートは愛器の状態がきっちり数字で表わされており「PLEKでしか」得られないモノなので絶対欲しいですよね。 これを細かく眺めながら実機を触るのも楽しいですよ。

PLEKしたベース

JIRAUD J-BASS4、MOON JJ-4 Larry Graham、Dragonfly SJ-5、TUNE Zi-ⅢHK
加藤龍男 様

正直なところ、このギターがこんなに鳴るとは思ってませんでした。

PLEKした理由

特に音詰まりや弾きにくさは感じていなかったのですが、鳴りが良くなるという噂を聞き、PLEKを依頼しました。

PLEKの感想

PLEKが終わったギターを弾いてみると、明らかに音が良くなっておりびっくりしました。特に、全体的に鳴りが大きくなっており、正直なところこのギターがこんなに鳴るとは思っていませんでした。
音の伸びも明らかに良くなっていて、ハイポジションのサスティーンも明らかに向上していました。PLEK前にスタッフさんから「音詰まりと感じていない音詰まりを取り除く」と言われた時は半信半疑ではありましたが、今ではスタッフさんの言うことがとてもよく理解できます。
もう一本持っているギターも、もちろんPLEKしてもらいました。もう PLEK していないギターだと満足できないかもしれません。
PLEKは、全ギタリストに勧めたいですね。明らかに鳴りが良くなります。

PLEKしたギター

Fender Japan ST62
鈴木康仁 様

いつまでも弾いていたいと思える楽器になりました。

PLEKした理由

21年間ネックの手入れをせずに、ベースを改造したりピーキーなセッティングにしたりしてましたが、ある日Fodera社のファクトリー見学の動画を見て、Fodera社でも製造過程でPLEKを導入していたので試してみようと思いました。

PLEKの感想

初めは、ただ精密にフレットの擦り合わせだけ出来れば良いと思って依頼したところ、想像を遥かに超えた仕上がり具合にビックリしました。
PLEKされた楽器を弾いてみての感想。 まず弦の振動の幅が大きく広がっていて、軽く弾いても楽器が鳴ってくれてます。これによって良くも悪くも弾いた音がダイレクトに伝わる様になりました。そして、デットポイントも無くなり、いつまでも弾いていたいと思える楽器になりました。トラスロッドの少しの調整で、全く違う感触を得られるのも驚きです。

PLEKしたベース

Yamaha ATTITUDE
佐藤崇 様

どこを弾いても同じように鳴ってくれるのでとても気持ち良いです。

PLEKした理由

自分での調整に行き詰まり、どうしようか迷っていたところ、楽器の状態を数値化して処置するというPLEKに興味が湧きました。 購入から7年経っていますが、購入時の鳴りと、演奏時の気持ち良さが戻ってくれる事を期待し、依頼しました。

PLEKの感想

ポジション毎に鳴りが違うのはベースの宿命であり仕方がないと思っていましたが、目から鱗です。 どこを弾いても同じように鳴ってくれるのでとても気持ち良いです。 「少しビビる位で丁度良い」と預ける際に要望を伝えましたが、これ程まで弦高が低くなるとは思いませんでした。 良い感じでビリついて、且つサスティンを維持する。それが、どのポジションでも一様である事に驚きました。

PLEKしたベース

Yamaha BB2024SK
制野賢一 様

新品にPLEKして購入されたお客様

柏木大裕 様
Fernandes FJB5-DLX PCS

「GLIDEなら"ハズレの楽器"を掴むことはありません。安心して購入できます。」

PLEKされた新品を選んだ理由

Fernandesの新品ベースを探していたところ、GLIDEさんだけPLEKという調整を行なっているの知りました。無料で(現在は新品購入時であれば50%OFF)PLEKを施してもらえるなんてこれほど魅力的なことはないと思い、購入しました。

PLEKの感想

どのポジションでも素直に音が鳴ります。かゆいところに手が届いたような感覚ですね。低価格帯のベースであるはずなのに、ハイエンドベースのような弾きやすさで驚きました。 楽器屋で試奏して良い個体に巡り合うと「当たりの楽器」なんて俗に言いますが、それは良い調整が施されてただけなのではないかとPLEKを体験してから思いました。PLEKの効果とスタッフの対応の良さを知り、GLIDEさんで買って良かったと実感しています。

谷山末広 様
Takamine PTU121C DBS

「パフォーマンスが向上したことに、正直驚きました!」

PLEKされた新品を選んだ理由

新品を注文すると通常19,800円かかるPLEKが無料で(現在は新品購入時であれば50%OFF)施されるサービスが目に留まり、私も1/1000mm単位で行う世界最高水準のPLEKを体感したいと思い注文しました。
また、様々なリペア作業を行うGLIDEさんをSNSで拝見していたので、技術力の高さを信頼していた事も理由です。

PLEKの感想

フレットが手にしっかりフィットする感覚と、今まで聞いたことがないストロークしたときの"鳴り"と"音の深さ"にまず驚きました。
強くカッティングやストロークをしてもビビリがなく、今まで出しにくかったハイコードの音もしっかり出ます。PLEKによって私のパフォーマンスが向上したことに、正直驚きました。

実は最近、長年愛用しているギターのちょっとしたズレやビビリといった不調にストレスを感じ、自分で調整するか専門会社に任せるか悩んでましたが、PLEKを選ぶつもりでいます。
もし、他のユーザーで同じような思いをしている方があれば是非PLEKを勧めます。
演奏スタイルのパフォーマンスが向上することは間違いありません。週末ギターを弾く楽しみがこの歳になっていっそう増えて楽しい限りです。有難うございました。

佐々木 栄一 様
Gibson Les Paul Junior Billie Joe Armstrong
PLEKされた新品を選んだ理由

Gibson等のギターでも初期にしっくりいかないことがあり、ギター工房に調整または取り替えを頼んだ経験がありました。そこで今回は、新品の Les Paul Junior Billie Joe Model を購入時に PLEK してもらうことにしました。オクターブチューニングできるタイプへのブリッジ交換も、合わせて依頼しました。

PLEKの感想

どの弦高もフィンガーボードのラディアスに沿って綺麗に揃って調整されており、非常に弾きやすく鳴りも良いと感じました。オクターブチューニングも完璧です。PLEK の考え方、手法も質問への回答の形で教えていただき、GLIDE さんにはお世話になりました。
新品のギターですとPLEKの代金が半額になり、ギター本体も結構値引きしてもらい、さらに後付けの部品も選んで安価に調達してもらいました。 完璧に調整された新品を手に入れる方法として、最善の選択と言えます。

スタッフからのコメント
弦を張った上でのネックの個性に合わせてフレットを整えることで、鳴りを抑える要素を取り除いております。デフォルトでは高めになっているナットや、交換した新品のブリッジをフレットの R に合わせて整えることで、楽に弾けるように調整いたしました。 佐々木様にはそれらの効果を実感いただけて、とっても嬉しく思います^^
PLEKお申込フォームへ

クラフトマン日記リンク