リフレットへの、よくあるご質問について

リフレットへの、よくあるご質問3点についての説明動画です。

■なぜ指板を削る必要があるのか?
■指板 R は変えられるのか?
■フレットは選べるのか?

■なぜ指板を削る必要があるのか?
リフレットは、フレットが消耗したら行うものと思われがちではありますが、ネックの強すぎる反りの影響を抑えるために行うのがほとんどです。
ネックの反りの性質は変えられませんため、指板を削り、指板上でその影響を抑えてあげる必要があります。その上で新しいフレットを打ち、調整します。
指板を削るためにリフレットすると言っても過言ではないです。

■指板 R は変えられるのか?
よく Fender のビンテージ・タイプのギターにあるご質問です。ビンテージ・タイプの7インチ前後の指板 R を、9インチ〜10インチ前後に変えるご相談をよくいただきます。
結論から言えば、可能です。
ただしではありますが、ネックの反りの度合い、また指板の状態や仕様により度合いが限られることもあります。
ネックの反りが強い場合、まずその反りの影響を抑えるために必要な削る量があります。その上で R を修正するために削る余裕が指板に残るかということが肝になります。
また、仕様によっては元々指板が薄かったり、過去のリフレットで薄くなっているということもあります。
ほとんどの場合は、数インチは修正することは可能ですが、上記の理由で、さほど変えられないということもあります。
その場合は、フレット R の調整も合わせて最終的にフレット上で R を整えます。例えば、元々7インチ R のものを指板上では8.5インチまでしか修正できなくても、フレット上で9.5インチにするということもできます。
反りの強さ、指板の使用、状態によっては、フレット R も合わせて相談させていただきます。

■フレットは選べるのか?
選べます。
お任せの場合は、 定番メーカー Jescar のものを使っております。Jescar のものは硬度が高いため、今後の消耗に対して余裕を持たせるという理由からです。
お任せの場合は Jescar ですが、メーカー、サイズ、素材は、お好みのものをご指定できます。
ステンレスのご指定も可能です。

これらの3点につきまして、解説しています。


Related Posts

GW 期間の営業日について
2024年の GW 期間は、通常と同じく日曜と月曜が休みです。日曜と月曜以外は、通常通り営業いたします。4月27日(土) 通常営業4月28日(日) 休業4月29日(月) 休業4月30日(火) 通常営業5月1日(水) 通常営業5月2日(...
Read More
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
ネックのハイ起きがとても強く弦高が過剰に高かった Gibson J-45 への、リフレット内容についての解説動画です。ネックのハイ起きは、とてもよくある反り方の一つです。ハイ起きは、端的に言うと、ネックのアングルが浅くなることと同じ反...
Read More
[5月5日(日)開催!!] 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
[5月5日(日)開催!!] 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
2024年5月5日(日)、女川町 海岸広場にて、オルタナティブ・ロックのライブ・イベントを開催します!関東、宮城から6バンドが集まり、90年代〜2000年代洋楽ロックの名曲を演奏します。オルタナ好きで集い、楽しみましょう!! ■イベン...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!