Taylor の調整への、よくある質問への回答

Taylor の調整へのよくある質問3点への回答と、Taylor の利点2つ、心配しなくていいこと1点についての解説動画です。

■よくある質問3点
・ネックアングルの調整は必要か?
・トラスロッド調整は必要か?
・サドルの調整は必要か?

よくある質問3点につきましては、Taylor はネックアングルの調整ができることから、それに伴うご質問が多いです。
また、Taylor の弦高調整はアングル調整で行うもの(ジョイント部以外には手を付けない)という認識がわりと広まってもいます。
ネックアングルの調整は必要になることが多いですが、ギターのセッティングは、あくまで全体のバランスを整えてあげる必要があります。
ネックアングルが調整できる構造であっても、基本的な構造は、他メーカーの一般的なものと同じです。
トラスロッドを調整しないまま、サドルを調整しないままで、アングル調整だけで弦高をセットしようとするのは、強引とも言えます。

■利点2つ
・トラスロッドの効き
・ハイ起きに対して

Taylor のギターはトラスロッドの効き具合と効き幅がとてもよく、安心感があります。
また、ネックアングルを調整できることから、ハイ起きに対しても安心感があります。
これらは、Taylor のとても良いところと言えます。

■心配しなくていいこと
・ネックジョイントについて
Taylor のギターは、ネックとボディの接地面に隙間がある構造になっており、その隙間がパテで埋められております。
パテが剥がれますと隙間が見えますが、その隙間は元々のものですので、何も心配はいらないです。

こららのことについて、こちらの動画で解説しています。


Related Posts

GW 期間の営業日について
2024年の GW 期間は、通常と同じく日曜と月曜が休みです。日曜と月曜以外は、通常通り営業いたします。4月27日(土) 通常営業4月28日(日) 休業4月29日(月) 休業4月30日(火) 通常営業5月1日(水) 通常営業5月2日(...
Read More
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問3点についての説明動画です。■なぜ指板を削る必要があるのか?■指板 R は変えられるのか?■フレットは選べるのか?■なぜ指板を削る必要があるのか?リフレットは、フレットが消耗したら行うものと思われがちでは...
Read More
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
ネックのハイ起きがとても強く弦高が過剰に高かった Gibson J-45 への、リフレット内容についての解説動画です。ネックのハイ起きは、とてもよくある反り方の一つです。ハイ起きは、端的に言うと、ネックのアングルが浅くなることと同じ反...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!