ライトとカスタムライトの大きな違い / 共振の影響について

アコースティックギター弦の、ライトとカスタム・ライトの、ゲージの違いよって受ける影響、ゲージに対する弦高設定についての、解説動画です。

ライトとカスタム・ライトのどちらを張った方が良いかというご質問を、よくいただきます。
また、カスタム・ライトをお使い方の割合は多いですが、元々はライトだったという方がほとんどです。
それらの方がカスタム・ライトに変えた理由は、「弾きやすくしたいから」というものが、ほぼ全てです。

カスタム・ライトに変えたことで多少は押さえやすくなりますが、結果的にビビりが生じやすくなったり、ピッチ(音程)の聴こえが不鮮明になったという感触を持つ方が多いです。
また、弦高が高いままで弦だけ細くしたという状態がほとんどのため、弾き心地も改善してはいないです。

弦はゲージが細くなるほど反発力が下がるため、ギター自体(ネック、ボディ)の共振の影響での弦の振幅のうねりが大きくなります。
うねりが大きいと、実音以外の周波数も強く出ることで、音がうねり、ピッチが不鮮明に感じられます。
また、うねりがフレットに触れやすくなり、反応が強い周波数のポジションでは、ビビりの余韻も感じられやすくなります。

ゲージの差は、弦高設定にも関わってきます。
端的に言えばゲージが太い方が振幅のうねりを抑えられますため、ビビりの観点では弦高を下げやすくなります。
高い弦高のままでカスタム・ライトに変えるよりも、ライトで弦高を下げた方が、結果的に弾きやすくでき、また音の聴こえもよくできます。

ライト弦とカスタム・ライト弦は、ゲージの差を見ますと、その差は小さいにようにも見えますが、共振によるうねりの差は大きいです。

・ゲージの違いによって受ける影響について
・セットする弦高とゲージとの関係性について

この2つの観点についてのお話しの動画です。



Related Posts

GW 期間の営業日について
2024年の GW 期間は、通常と同じく日曜と月曜が休みです。日曜と月曜以外は、通常通り営業いたします。4月27日(土) 通常営業4月28日(日) 休業4月29日(月) 休業4月30日(火) 通常営業5月1日(水) 通常営業5月2日(...
Read More
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問3点についての説明動画です。■なぜ指板を削る必要があるのか?■指板 R は変えられるのか?■フレットは選べるのか?■なぜ指板を削る必要があるのか?リフレットは、フレットが消耗したら行うものと思われがちでは...
Read More
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
リフレット例 - Gibson J-45 / 強いハイ起きに対しての例
ネックのハイ起きがとても強く弦高が過剰に高かった Gibson J-45 への、リフレット内容についての解説動画です。ネックのハイ起きは、とてもよくある反り方の一つです。ハイ起きは、端的に言うと、ネックのアングルが浅くなることと同じ反...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!