Fender ギターの、指板 R とチョーキング時の音詰まりの兼ね合い、音詰まりの理由について

Fender (Fender スタイル)のギターへの、チョーキング時の音詰まり(かすれや途切れ)の相談をよくいただきます。
原因は、ネックの反りの強さやフレット状態によることも多いですが、そもそも指板の R が強いからということも、よくあります。

この3つのテーマで解説しています。
・指板 R 強弱のパターンについて
・チョーキング時に音が詰まる理屈について
・音詰まりの改善方法について

チョーキング時に音が詰まる理屈につきましては、図を使い説明しています。

Related Posts

女川ロックまつり
女川ロックまつり
宮城県女川町にて、春には洋楽オルタナティブ・ロック、秋には洋楽 70s ロックをテーマに開催しているライブ・イベントです。東北内外から、熱の入ったバンドが集います。ジャンルを絞ることでコアな洋楽好きが集い、演るのも観るのも楽しむことが...
Read More
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の袴田勝巳様 / Epiphone Les Paul など4本
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の袴田勝巳様 / Epiphone Les Paul など4本
神奈川県の袴田勝巳様。Epiphone Les Paul など4本を、メンテナンス・パックで調整。■メンテナンス・パックでギターを調整されたきっかけは何ですか?息子が小学生の頃から弾いていたエピフォンのレスポールが購入から数年が経ち、...
Read More
Taylor の調整への、よくある質問への回答
Taylor の調整への、よくある質問への回答
Taylor の調整へのよくある質問3点への回答と、Taylor の利点2つ、心配しなくていいこと1点についての解説動画です。■よくある質問3点・ネックアングルの調整は必要か?・トラスロッド調整は必要か?・サドルの調整は必要か?よくあ...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!