ビビり解消のアプローチ / Taylor 412ce

ネックの強い逆反りから、ビビりの目立っていた Taylor 412ce。
ネックの強い逆反りがある際は、順反りの方に戻していくと、ネック本来の個性が見えてきます。ネックが逆反っていることで弦高が下がっているという状態もよくありますが、そういった状態に対してバランスを改善する例の紹介です。

Related Posts

[出演バンド募集!!] 5月5日(日)開催!! 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
[出演バンド募集!!] 5月5日(日)開催!! 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
[出演バンド募集!!] 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春2024年5月5(日)、女川町 海岸広場にて、90年代〜2000年代オルタナティブ・ロックのライブ・イベントを開催します!(当初は4月28日とアナウンスしておりました...
Read More
年末年始の営業につきまして
2023年末、2024年始の休業日は、12月31日と1月1日でございます。2023年12月30日まで:通常営業2023年12月31日:休業2024年1月1日:休業2024年1月2日から:通常営業
Read More
[11月12日(日)開催!!] 女川 70s ロックまつり 2023秋
[11月12日(日)開催!!] 女川 70s ロックまつり 2023秋
女川 70s ロックまつり 2023秋2023年11月12日(日)、女川町 海岸広場にて、70s 洋楽ロックのライブ・イベントを開催します!宮城、岩手から6バンドが集まり、70s 洋楽ロックの名曲を演奏します。70s ロック好きで集い...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!