弦高が過剰に高い状態への、ネックアングルも含めた調整 / Taylor 214ce の例

弦高が過剰に高い状態への、ネックアングルの観点も含めた調整内容の、Taylor 214ce の例での解説動画です。

アコースティックギターの弦高は、サドルの要素が大きいと思われがちですが、全体のバランスが関わります。
またネックの反りの性質と度合いは、ネックのアングルにも作用していることと同じことになります。
端的に言えば、順反りやハイ起きが強すぎますと、ネックアングルが浅いことと同じ状態になります。
Taylor の場合は、ネックアングルを調整できる仕様になっているため、元々のアングルの具合と反りの性質を踏まえた上で、アングル調整を行った上で、ネックの反りとフレットバランスを調整し、ネック全体でアングルを修正していくアプローチをとる必要があります。

Taylor は、メーカー出荷時の弦高が高く、またアングルも浅めになっていることが多いため、弦高の高さを悩まれている方が多いです。
また、トラスロッド調整でネックを逆反らせて強引に弦高を下げようとしている Taylor も、本当によく見られます。

そういった状態に対し、反りやアングルの影響をどのように捉えて調整するかの解説です。


Related Posts

女川ロックまつり
女川ロックまつり
宮城県女川町にて、春には洋楽オルタナティブ・ロック、秋には洋楽 70s ロックをテーマに開催しているライブ・イベントです。東北内外から、熱の入ったバンドが集います。ジャンルを絞ることでコアな洋楽好きが集い、演るのも観るのも楽しむことが...
Read More
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の袴田勝巳様 / Epiphone Les Paul など4本
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の袴田勝巳様 / Epiphone Les Paul など4本
神奈川県の袴田勝巳様。Epiphone Les Paul など4本を、メンテナンス・パックで調整。■メンテナンス・パックでギターを調整されたきっかけは何ですか?息子が小学生の頃から弾いていたエピフォンのレスポールが購入から数年が経ち、...
Read More
Taylor の調整への、よくある質問への回答
Taylor の調整への、よくある質問への回答
Taylor の調整へのよくある質問3点への回答と、Taylor の利点2つ、心配しなくていいこと1点についての解説動画です。■よくある質問3点・ネックアングルの調整は必要か?・トラスロッド調整は必要か?・サドルの調整は必要か?よくあ...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!