[PLEK 体験者の声] 東京都の石崎直人様 / Martin D-18 Golden Era

[GLIDE での PLEK 体験者の声]
東京都の石崎直人様 / Martin D-18 Golden Era



■PLEK を依頼した理由は何ですか?
『もうコイツとはやってられない!』このギターとはお別れを考えていました。
弦高が高く、オクターブも合わず、そもそもネック太め、音は好きだけど弾くとストレス、そんな状態でした。
『でも待てよ、一度もメンテしてない俺が悪いんじゃない?コイツには罪ないよな。お別れはメンテしてもダメだったらにしよう』そう思い直し、メンテに出すことに。
さて誰にお願いしたものか?購入した某大手楽器店?でも良い職人に当たるかな。
では腕のある個人職人?ウマが合わないと嫌だなあ。
そんな感じでネットを探していてたまたまPLEKが目に留まりました。デジタルで精密に検査、施工?すぐにメールで問い合わせ。
感じの良い返信を頂き好印象。満足しなかったら返金という保険もあるし、ということで決めました。

■PLEK されたギターを弾いて、どう感じましたか?
ギターが戻ってくるまでは、あまり期待すると落胆するから、こんなもんかあ程度だろうと考えるようにしていました。
いざ弾いてみると非常に弾きやすくなってる。オクターブも合ってる。音の強弱も思ったニュアンスが出せる。
何年経ってもきれいに音を出せなかった曲がスンナリきれいに弾ける。腕のせいだけではなかったのか!と。 気付くと長い時間弾いていました。
メンテの大切さを実感です。PLEKして良かったと思います。

■スタッフからのコメント
石崎様の D-18 は、ネック状態は比較的に良い方ではありましたが、ナット、フレット、サドルのバランスが良いとは言えない状態でした。加えて、サドル上面の R と形状にも改善の余地がありました。
それらを適正に整えることで、ギターが本来持つ鳴りの良さ、弾きやすさを取り戻すことができました。
ご実感いただけて、嬉しい限りでございます^^



鳴りや弾き心地へのお悩みを解消する、PLEK を活用した調整
https://glide-guitar.jp/pages/plek


他のクラフトマン日記は
こちらから!