[PLEK を活用した調整の体験者の声] 宮城県 友野大様 / Gretsch Jet

[PLEK を活用した調整の体験者の声] 宮城県 友野大様 / Gretsch Jet



■GLIDE へ PLEK での調整を依頼した理由は何ですか?
製造から25年近く経ったギターなので、ネックの状態により、特に低音弦(5〜6弦)の音に不安定感があり、改善が必要と感じていました。
あとはハイポジションも同様に、チューニングのブレが感じられ、同様に改善が必要と考えていました。

■調整されたギターを弾いてどう感じましたか?
まず、全体のバランスが統一されて、「気持ち悪さが無くなったなぁ〜!」というのが一番の印象でした。
調整前に感じていた低音弦部分とハイポジションの違和感が解消され、どの弦どのポジションでも均一の感覚を得られるようになりました!

■PLEK での調整を友人にも勧めたいですか?その理由は何ですか?
これは本当にお勧めしたいです。
製造から25年経ち、それなりの経年劣化がある個体でも、PLEK することにより、味のある個体が活かされる調整がなされます。
PLEK というロジカルな数値に裏付けられた調整に、最後は GLIDE のクラフトマンがフィジカルな調整をしてくれることによって、より好みの状態に近づけてくれる点は特筆すべきところです!
正直、「手放そうかな?」と思ったこともありましたが、PLEK調整の結果、現役続投が決定した25年目のグレッチ選手です(笑)

■スタッフからのコメント
友野様の Gretsch は、部分的な順反りが強く、強めにハイ起きしているのと同じような状態になっていました。
その影響で、ほぼ全てのポジションで弦の振幅がフレットに当たりやすく、音が詰まったり、鳴りが抑えられておりました。
また、弦の振幅が弱くなる部分があることで、ピッチ感も悪く感じられておりました。
その状態に対し、できるだけバランスを取った反り具合にネックをセットした上でフレット形成を施し、音を詰まらせたり鳴りを抑える要素を取り除いています。
ナットとサドルのバランスも最適にすることで、弾きやすさも高めております。
効果をご実感いただけて、嬉しい限りでございます^^



鳴りや弾き心地へのお悩みを解消する、PLEK を活用した調整



コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。