[PLEK を活用した調整の体験者の声] 金野順一 様 / Gibson 1965年製 Firebird

[PLEK を活用した調整の体験者の声] 金野順一 様 / Gibson 1965年製 Firebird
 

「非常に低い弦高にも関わらず、ナットから最終フレットまで綺麗に鳴ります。」



◾️PLEKした理由
このギターは以前に一度リフレットしたのですが、長く時間が経った最近、妙なビビリ音が発生し響きが悪く感じるようになりました。弦高を高くすれば解消するのでが、それでは弾きにくくなってしまいます。
PLEK のことを検討している中、GLIDEさんから適切な回答とアドバイスがあり、依頼を決断しました。

◾️PLEK後の感想
PLEK が終わったギターを受け取り弾いてみたところ、12フレット上で1ミリほどの非常に低い弦高にもかかわらずナットから最終フレットまで綺麗に音が鳴りました。さらに、弾き心地もとても滑らかです。
音の濁りも消え、全てのポジションで澄みわたった響きを得られ、コードの響きも美しくなりました。

◾️PLEKを薦めたい理由
弦高を下げたいけど下げるとビビりが出てしまう方や、単音及び和音の鳴りや響きがポジションによって異なる症状のある方には、ぜひとも PLEKをお勧めしたいです。
私も手持ちのギター全てをPLEK したいと思い、70年代製のシンラインにもリフレットとPLEKを依頼し、こちらの仕上がりにも大変満足しています。

PLEK を活用した調整の詳細はこちら

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。