[PLEK を活用した調整の体験者の声] 関本公夫 様 / Fender Precision Bass 68年製

[PLEK を活用した調整の体験者の声] 関本公夫 様 / Fender Precision Bass 68年製

 

ビンテージも含む全てのギターとベースに、PLEK の必要性を痛感しました






◾️PLEKした理由
好みの弦高にセットするとどうしてもビビってしまい、悩んでベースの買い替えを考えていたところ、GLIDEさんのPLEKを知りました。
以前、近くのビンテージショップでリフレットをした72年製のJBは期待ほど弾きやすくはならなかったので、リペアに対しては半信半疑であったものの、とりあえず買い替える前にダメ元でも良いと思い、PLEKをお願いしました。

◾️PLEKの感想
PLEKされ帰ってきたベースには良い意味で大きく予想を裏切られ「なんでこんなに弾きやすいんだ!?」という状態になっていました。買い替えないで良かったです!
歳のせいか最近、指が少し腱鞘炎気味ですが、GLIDEさんの絶妙なセッティングで1弦で1ミリほどまで下げていただき、長時間弾いても指の状態も悪くならなくなりました。サウンドも鳴りが良くなり、倍音が豊かになりました。

買い替えを考えている方はGLIDEさんのPLEK を是非一度試される事をお勧めします。
私も新しく欲しいベースもあるのですが、GLIDEさんのPLEK調整済みの物なら安心できる!と考えています。
今回は68年製のPBの調整をお願いしましたが、続いて62年製のJBもお願いしようと思っています。いくらビンテージでも正しい調整がされていなければ良い音が出ないという事を GLIDE さんのPLEK が証明してくれました。
むしろ、長く使われてきたギターこそPLEKが必要なのだと思いました。本当に感謝しています。 GLIDEさんとは、これからも永いお付き合いになりそうです。

PLEK を活用した調整の詳細はこちら

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。