[PLEK を活用した調整の体験者の声] 太田雅之 様 / Fender 73年製 JazzBass

[PLEK を活用した調整の体験者の声] 太田雅之 様 / Fender 73年製 JazzBass

「チューニングしながら、え、何、何、とボディから鳴る4弦E音と、3弦A音がずっしりと『しっかり鳴っている』と思わずにやけてしまいました。」





◾️PLEKした理由
自分の楽器で1番気に入っていたジャズベースが、どうしても弾きづらくなっていて、色々自分で調整してみたけれど、どうしてもハイポジションが音詰まりやビビリがひどくて弦高を合わせると、「高くセットせざるを得ない状態=弾きずらい」楽器となり、段々別のベースがメインになっていました。友人から女川のGLIDEさんでリペアしたら全然違う楽器になって来た(彼は、ギターでしたが)と喜んでいました。それからPLEKのことを調べて、まぁ試して見るかぐらいの気持ちで申し込みと行った具合です。

依頼するにあたって、まずネックの状態をキチンとしていただき弦高を最小限度に低めにして弾きやすいようにとただそれだけで充分と思っており、音がそんな変わる訳ない?と疑っておりました。(すいません)

◾️PLEKの感想

まずチューニングしながら、え、何、何、とボディから鳴る4弦E音と、3弦A音がずっしりと「しっかり鳴っている」と思わずにやけてしまいました。 更にハイポジションの、どの弦、何処のフレットを弾いてもビビり一切無し、しかもこれでもかと思う弦高の低さ、まじやばいです。

1/1,000㎜の世界の凄さを実感!弾き易さだけでなく一音、一音、本当にあのジャズベース?と疑いたくなるほどの完璧のサウンドとなっています。また仕上げの美しさ、太鼓判を押します。
本当に丁寧な仕事をなさるスタッフだなぁと感心いたしました。『ご満足頂かなければ全額返金保証実施中』これにはなるほどと・・・・凄い!!

半分諦めていた、46年経ったビンテージベースが正に生き返りました。 弾き易さ、サウンド申し分なく、大満足です。後のジャズベース、プレジションベースもGLIDE さんのPLEKをして頂く予定です。 やはりどんな楽器もプレイヤーが気持ち良くプレイすれば必ずと最大で最高のサウンドで応えてくれると信じており、そんな風にしてくれるのは、PLEKだと思います。 決してこのリペア料金は高くはなく、それ以上の付加価値は在ります。 どうぞ悩んでるギタリスト、ベースシストの皆さん、お試し下さいませ!

PLEK を活用した調整の詳細はこちら

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。