弾きづらさ解消のアプローチ / Maton EBG808TE Tommy Emmanuel モデル

押さえづらさが感じられていた状態に対し、綺麗に音が出る状態を作った上で弦高を低めにセットするアプローチ。
Maton EBG808TE トミー・エマニュエル モデルの例での紹介です。

弦高を下げる際には、サドルを低くすることにすぐ着手してしまいがちではありますが、その前にまず踏むべき手順についても解説しています。

Related Posts

ライトとカスタムライトの大きな違い / 共振の影響について
ライトとカスタムライトの大きな違い / 共振の影響について
アコースティックギター弦の、ライトとカスタム・ライトの、ゲージの違いよって受ける影響、ゲージに対する弦高設定についての、解説動画です。ライトとカスタム・ライトのどちらを張った方が良いかというご質問を、よくいただきます。また、カスタム・...
Read More
[メンテナンス・パック利用者の声] 宮城県の小野寺忠浩様 / Gibson Les Paul、Epiphone ES-339
[メンテナンス・パック利用者の声] 宮城県の小野寺忠浩様 / Gibson Les Paul、Epiphone ES-339
宮城県の小野寺忠浩様。Gibson Les Paul、Epiphone ES-339 をメンテナンス・パックで調整■メンテナンス・パックに加入したきっかけは何ですか?元々ネックやその他の調整があまり丁寧に調整されておらず、最初は自分で...
Read More
[メンテナンス・パック利用者の声]  神奈川県の川上勝也様 / Washburn N4
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の川上勝也様 / Washburn N4
神奈川県の川上勝也様。Washburn N4 を、メンテナンス・パックで調整■メンテナンス・パックに加入したきっかけは何ですか?Washburn N4 は購入した当初から本当に弾きにくいと感じていたギターでした。ヌーノが好きというだけ...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!