鳴りの寂しさの改善アプローチ / Martin D-45

低音弦側の鳴りの寂しさや、特定の音での鳴りの弱さ。また全体的な音のクリアさが感じられていなかった Martin D-45。
ネックの個性の影響もありましたが、全体的なバランスも乱れている状態と言えました。鳴りを抑えている原因の特定と、改善へのアプローチの紹介です。
デットポイントについても触れています。

Related Posts

[メンテナンス・パック利用者の声]  神奈川県の川上勝也様 / Washburn N4
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の川上勝也様 / Washburn N4
神奈川県の川上勝也様。Washburn N4 を、メンテナンス・パックで調整■メンテナンス・パックに加入したきっかけは何ですか?Washburn N4 は購入した当初から本当に弾きにくいと感じていたギターでした。ヌーノが好きというだけ...
Read More
[出演バンド募集!!] 5月5日(日)開催!! 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
[出演バンド募集!!] 5月5日(日)開催!! 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春
[出演バンド募集!!] 女川オルタナティブ・ロックまつり 2024春2024年5月5(日)、女川町 海岸広場にて、90年代〜2000年代オルタナティブ・ロックのライブ・イベントを開催します!(当初は4月28日とアナウンスしておりました...
Read More
年末年始の営業につきまして
2023年末、2024年始の休業日は、12月31日と1月1日でございます。2023年12月30日まで:通常営業2023年12月31日:休業2024年1月1日:休業2024年1月2日から:通常営業
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!