弦高の構成バランス改善のアプローチ / Martin D-41

弦高は、支点の高さを上下すればいかようにも作れますが、その弦高を構成する要素のバランスが取れている必要があります。
ネックの反り、フレットのバランス、ナット、サドルのバランスが適正でなければ、弦高をセットしても思っていたような弾き心地や鳴りを得られないことになります。
それらのバランスを適正に整えるアプローチ。Martin D-41 の例での紹介です。

Related Posts

[メンテナンス・パック利用者の声]  栃木県の星拓也様 / PRS Custom24、LsL Saticoy
[メンテナンス・パック利用者の声] 栃木県の星拓也様 / PRS Custom24、LsL Saticoy
栃木県の星拓也様。PRS Custom24、LsL Saticoy をメンテナンス・パックで調整。■メンテナンス・パックでギターを調整されたきっかけは何ですか?このギターは手に入れたときの状態があまり良くなかったため、知り合いの2名の...
Read More
GW 期間の営業日について
2024年の GW 期間は、通常と同じく日曜と月曜が休みです。日曜と月曜以外は、通常通り営業いたします。4月27日(土) 通常営業4月28日(日) 休業4月29日(月) 休業4月30日(火) 通常営業5月1日(水) 通常営業5月2日(...
Read More
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問について
リフレットへの、よくあるご質問3点についての説明動画です。■なぜ指板を削る必要があるのか?■指板 R は変えられるのか?■フレットは選べるのか?■なぜ指板を削る必要があるのか?リフレットは、フレットが消耗したら行うものと思われがちでは...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!