ビビり感と弾きにくさの改善アプローチ / Gibson L-4 CES 編

ブリッジを下げていながらも弾きやすくは感じられておらず、ビビり感や鳴りの寂しさが感じられていた Gibson L-4 CES。
もともと、ネックの部分的な順反りの強さが目立ってはいましたが、ナットやブリッジも含めた全体的なアンバランスさゆえに、弦高を下げているわりには弾きやすく感じられず、ビビり感も目立っていました。
ビビりを取り除きつつ弾きやすい弦高にセットするアプローチの紹介です。

Related Posts

[出演バンド募集!!] 女川 70s ロックまつり 2023秋
[出演バンド募集!!] 女川 70s ロックまつり 2023秋
[出演バンド募集!!] 女川 70s ロックまつり 2023秋2023年11月12日(日)、女川町 海岸広場にて、70s ロックのライブ・イベントを開催します!70s ロック好きが集い、演るのも観るのも楽しめる、そんなイベントにしたい...
Read More
定休日の変更についてのお知らせ
2023年9月より、定休日を変更いたします。■変更前:日曜■変更後:日曜、月曜スタッフの勤務はシフト制にしておりましたが、出勤日と休日を統一することにいたしました。今までは、お客様からご連絡をいただいても担当の者が休みということが度々...
Read More
GLIDE メンテナンス・パックの内容と、よくあるご質問について
GLIDE メンテナンス・パックの内容と、よくあるご質問について
GLIDE メンテナンス・パックの内容と、よくあるご質問についての、説明の動画です。
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!