ビビりを解消しつつ低い弦高にセットするアプローチ / Gibson ES-335

もともと強いビビりが目立っていた、 Gibson ES-335。
ビビりなく弦高を低くセットする上での、ビビりの原因の見方、ネックの個性に対する考え方や、改善のアプローチの解説です。

Related Posts

[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の有村凪様 / Cole Clark、Taylor、Godin など
[メンテナンス・パック利用者の声] 神奈川県の有村凪様 / Cole Clark、Taylor、Godin など
神奈川県の有村凪様。Cole Clark、Taylor、Godin などを、メンテナンス・パックで調整。■メンテナンス・パックに加入したきっかけは何ですか?PLEKという調整方法を、あるギタリストから聞いていました。GLIDEさんを知...
Read More
ライトとカスタムライトの大きな違い / 共振の影響について
ライトとカスタムライトの大きな違い / 共振の影響について
アコースティックギターのライト弦とカスタム・ライト弦は、ゲージの差は小さいようで、影響にはわりと大きな違いがあります。・ゲージの違いによって受ける影響について・セットする弦高とゲージとの関係性についてこの2つの観点についてのお話しです。
Read More
[メンテナンス・パック利用者の声] 宮城県の小野寺忠浩様 / Gibson Les Paul、Epiphone ES-339
[メンテナンス・パック利用者の声] 宮城県の小野寺忠浩様 / Gibson Les Paul、Epiphone ES-339
宮城県の小野寺忠浩様。Gibson Les Paul、Epiphone ES-339 をメンテナンス・パックで調整■メンテナンス・パックに加入したきっかけは何ですか?元々ネックやその他の調整があまり丁寧に調整されておらず、最初は自分で...
Read More


他のクラフトマン日記は
こちらから!