GLIDE(グライド)仙台の国産ギター・ベース専門店

PlekPlek

Plek | 【満足いただけなければ、全額返金します】ギター・ベースの鳴りとフィンガリングを劇的に向上させる! 高精度ネックコンディション測定 & フレットすり合わせ


GLIDE STORE では、ギター・ベースの鳴りとフィンガリングを劇的に向上させる Plek によるサービスを導入しました!これにより、お客様の楽器をより高精度にメンテナンスすることが可能になりました。

返金保証を実施中!

Plek は返金保証付きです。ご満足いただけなければ、全額返金いたします。

Plek とは

欧米を中心とした多数の大手楽器メーカー、ハイエンドメーカー、老舗有名リペアショップに導入されている、1000分の1ミリ単位でギター・ベースの状態測定とフレット擦り合わせを行う機械の名前であり、その機械により 測定や処置を行うことを指します。

Plek することで得られるもの

Plek することにより、鳴りを高められます。また、よりスムーズなフィンガリングも得られます。
この2つにより、弾き手のパフォーマンスを高めることができます。

なぜ鳴りとフィンガリングのスムーズさを高められるのか?

それは、弦の振幅を最大限に高め、かつその振幅に合わせた最良のフレット面を作り出せるからです。

ご存知の通り、フレット面には凹凸が生じます。指板も木材ですので、全くのフラットではありません。また、ネックは弦が振幅できるように適度な順反りが必要で、弦の支点となるナットとサドルの高さも適切でなければいけません。
一般的に良く鳴っていると思われている状態のギターやベースでも、弦の振幅がどこかのフレットに接し、その鳴りが少なからず殺されていることが多々あります。
その鳴りが殺されている部分を可視化するのが、Plek の測定機能の凄さです。熟年のリペアマンでも脱帽するほどの1000分の1ミリの高精度で、ネックの反り、各フレットの凹凸、指板凹凸、ナット・ブリッジの高さを測定します。
しかも、各弦ごとに断面図で可視化できます。人であれば感覚的にしか測定できないですが、Plek であれば全て数値化し、可視化することができます。
鳴りが悪かったり音詰まりが生じているギター・ベースであれば、どこでどの程度それが発生しているのかが分かり、鳴りの良いギターでも、さらに鳴りを良くすることができる箇所を見つけられます。

シュミレーションで見つけるベストセッティング


Plek の凄さは、その測定機能だけではありません。その測定結果をもとに、同じく1000分の1ミリ単位で、フレットをこれぐらい削ったらどうなるか、フレットの R をこれぐらいにしたらどうかなる、ナットをこの高さにしたらどうなるか、等の、ネックと弦高さに関わる全てのパーツにおいてシュミレーションを行うことができます。またそのシュミレーションは、弦高を指定した上で行うことができます。
例えば、1弦の弦高を1mm にした上で弦の振幅を殺さないという要望に応える処置を見つけることもできます。もちろん、人によって求めるセッティングは異なりますので、鳴りを純粋に良くしたい、音詰まりを全て取りたい、弦高は1弦1ミリで6弦は1.5ミリにしたいといった好みに対して、ナット、フレット、ネックの反り具合に対してどのような処置を行えばその要望に応えられるかを、1000分の1ミリ単位でシュミレーションできるのです。
やってみなければ分からない、ということはもうありません。やる前に、その完成形をシュミレーションし可視化できるのです。

フレットを削るのも1000分の1ミリ単位

シュミレーションで弾き手の要望への最適な処置が決まったら、それを実際にギター・ベースに反映させるために、フレットを、場合によってはナットを削ります。もちろんその削る作業も Plek によって行われ、その精度も1000分の1ミリ単位です。

一般的に弾き手が音詰まりなく弾けていると感じている状態のギターでも、1000分の1ミリ単位で見ると、押さえているところ以外のフレットに弦がわずかに触れてしまっている箇所があることがほとんどです。明らかに音詰まりを発生させてしまっている箇所だけでなく、認識していないほどわずかに触れてしまっている部分も、Plek は取り除くことができます。
Plek すると明らかに鳴りが向上したと感じるのは、そのギター・ベースの弦の振幅が最大限に高められ、その弦振動が、よりギター・ベースを鳴らすようになったからです。
また、それまで認識していなかったフレットのその僅かな凹凸を無くすことで、驚くほどフィンガリングがスムーズに感じられます。

あなたのパフォーマンスが変わる

1000分の1ミリ単位でネック状態を人の目で計ることはほぼ不可能ですが、人の耳は、鳴りの向上を明らかに感じ取り、人の指先は1000分の1ミリの違いも感じます。
鳴りもフィンガリングも向上することで、弾き手のパフォーマンスが向上し、そしてその音を聴く側の感動も、より高まるでしょう。
出したかった音、弾きたかったフレーズ、伝えたかった想い、Plek が実現します。


お申込みの方法

当社 ECサイト よりお申し込みください。当ページ下部の「カートに入れる」より、情報入力と事前決済をお願いいたします。確認後、当社担当より、調整時のご要望、調整希望の楽器の配送方法について、ご連絡をさせていただきます。

ご注文からサービス完了までの流れ

1 本サイトよりお申し込みください
2 担当者よりに、2営業日以内ご連絡させていただきます
3 調整のご要望をお聞かせいただきます
4 調整するギター・ベースを仙台の販売店 GLIDE STORE にお届けいただきます ※持ち込み可
5 当社工房で Plek にて調整をいたします
6 仙台販売店にて直接お受け取りいただくか、お客様の住所へ配送いたします

遠隔地からのお申込み

全国からのお申込みに対応可能です。配送料は、実費を折半とさせていただきます。海外からのお申込みについては、お電話かメールにて、事前にご相談ください。

お届けまでの所要時間

10営業日を目処にお考えください。

ご決済について

当社サイト より、銀行振込、クレジットカードのご決済が可能です。

その他、お問い合わせ

ご不明点がございましたら、TELかメールにて、お気軽にお問い合わせください。

詳細

Plek | 満足いただけなければ、全額返金します!ギター・ベースの鳴りとフィンガリングを劇的に向上!高精度ネックコンディション測定 & フレットすり合わせ

スペック

使用機材: Plek Station
http://www.plek.com/en_US/home/

【 Plek 料金ご案内】
Plek 料金: 14,040円 (税込) ※ すり合わせ込み
配送料:実費折半
(送付時の送料はご負担ください。返送時の送料はGLIDE STORE にて負担させていたします。)

【対応可能楽器】
・エレキギター(7弦も可能)
・エレキベース(多弦可能)
・アコースティックギター/ベース
※ファンフレットには対応致しておりません
  • sub_title1
  • sub_title2
  • sub_title3
  • sub_title4
  • sub_title5
  • sub_title6
  • sub_title7
  • sub_title8

Plek | 満足いただけなければ、全額返金します!ギター・ベースの鳴りとフィンガリングを劇的に向上!高精度ネックコンディション測定 & フレットすり合わせ

販売価格:
14,040円(税込)
在庫あり
数量:
*「ショッピングクレジット20回払いまで分割金利無料」プランでの通信販売をご希望の方は、お手数ですがお問い合わせフォームより、ご購入希望の商品名とショッピングクレジット無金利プランを利用希望の旨をお送り下さい。プランのお申し込みについてスタッフより折り返しご連絡いたします。

レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • オススメです

    2017/05/18 投稿者:鋭角ベーシスト おすすめレベル:★★★★

    10〜12万位のベースをplekにかけてもらいました。

    デットポジションがほぼ無くなるのと鳴りが向上します。

    1から21フレットの音詰まりが皆無に等しくなったので、低音でブイブイいわせたい時も高音で優しくメロウにキメたい時も、指で弾いたプリっとした部分がポジションを問わずキチンと乗っかってくれるのでプレイを選ばない楽器になったと思います。

    最終フレットにもあのベース特有のバズ感が感じられたのはちょっとした衝撃がありました。笑

    愛着があるけど鳴りや弾き心地に不満がある方にかなりオススメ出来ると思います。ネックやリプレイスメントパーツを交換するより遥かに安価ですしね。

    Plek 対象: Fender PJ Bass

  • Plek測定

    2017/05/17 投稿者:中居正広 おすすめレベル:★★★★★

    Plekをかけたことによる演奏性の向上、鳴りの向上については他の方々が書いているので私は別な内容で。

    今までメンテナンスというのはリペアマンの感覚に頼るしかありませんでした。ネックの反りを治すにしても「今までの経験上こうするとよくなる」という作業だった訳です。

    それがPlekで測定することによって数値として現れ、目で確認することが出来るようになります。これだけでも驚きなのにそこから更にシミュレーションで「一番鳴るコンディション、どこまで弦高を落とせるか」などを算出してくれます。また、1度Plekにかけるとデータとして保存されるので暫くしてから、現状のコンディションと見比べ、そこから以前のコンディションに再調整することも出来ます。至れり尽くせりですね。

    わかりやすく言うならばギター、ベースの健康診断とでも言うのでしょうか。医者から「あなたは多分病気だと思うんです」と言われるよりも検査をしてレントゲンなどの検査結果を見ながら説明されたほうが理解しやすいし、納得もしますよね。それがPlekで測定することによって可能になるわけです。しっかりカルテも残りますしね。

    是非、自分の愛器の健康診断という気持ちで測定だけでも受けてみると面白いと思います。

  • Plek感想

    2017/05/10 投稿者:芦野 祐輝 おすすめレベル:★★★★★

    これまで2本のギターにかけてもらった感想です。
    レスポールとスナッパーにかけてもらって共通して変わった所は生音から良くなっている点です。
    Plekによってギター本体の力が引き出された最高の状態で帰ってきた感じですね。コードを弾いた時のボディの振動がかける前とは段違いです。
    アンプを通した音はスナッパーは今まで音が薄くて困っていて、PUを変えるか悩んでいたのですが、変える選択肢がなくなりました!中音がぐっと締まって前にグンッと出てきて抜ける音になりました!下手にPUを変えるより圧倒的に良いと思います。
    弾き心地も素晴らしいです!自分はベタベタな弦高は好みではないのでやっていないのですが、ビビらない限界まで下げるのはPlekでしかできないと思います!
    フレットすり合わせも込みでこの値段でしたらやらないのは損だと思います。

    Plek 対象: ESP Navigator LP / ESP SNAPPER Order Model

  • Plek×Gretsch

    2017/04/30 投稿者:庄子 おすすめレベル:★★★★★

    PlekがGLIDEさんに導入されたばかりくらいの頃、当時店員をしていたKくんに紹介されて自分のギター、Gretsch Country Classic ll 6122をPlek調整に出させてもらいました。
    最初はPlekがどんなものか正直よく分からず、とりあえずすごい精密な調整をしてもらえる、とのことで興味があったくらいでしたが、いざ調整を終えて帰ってきた自分のギターを触ってみると、弾かずともネックを握っただけで感触の違いを感じ驚いたのを覚えています。

    なにぶんGretschで、フルアコで、ファルコン等に比べマイナーなモデル、という三拍子揃って調整なども手間のかかるひねたギターだったので今までそこまでしっかりとした調整は出来ておらず、
    Plekならではの弦高調節やネック調整を経て万全の状態になった愛機を弾いた時は、その弾きやすさと「こんなに鳴るのか」という生音に驚かされました。
    危うく「Gretschって元々弾きやすいギターなのではないか」と錯覚してしまいそうなほどでした。決してそんなはずはないので、この錯覚がPlekによる効果のほどを推し量る良い基準になるのではと思います。

    自分はロックバンドのギターボーカルとしてそのGretschを今でもライブでガンガン使ってますが、ステージでの使い心地をみても良い調整を味わえたなぁと感じます。

    Plek 対象: Gretsch Country Classic ll 6122

  • Plek

    2017/04/29 投稿者:ゑも おすすめレベル:★★★★

    PLEKを利用してみて、正直かなり驚きました。鳴りが全く違う、以前より断然鳴る状態に仕上がったからです。私のベースはネックの反り、よじれ、フレットの減り具合で弦の振動に悪影響を与えていたものを、PLEKによって1/1000mm(でしたっけ?w)で測定し、フレットを削ることで、ビビりが解消され、全弦全フレットでビビることなくローアクションのセッティングに出来ました。PLEKに加えGLIDE GARAGEのスタッフの最終調整のおかげもあり、弾きやすさと鳴りの良さを実現出来ました。お値段も予想よりも安く、とても満足出来ました!

  • ギターが蘇る!

    2017/04/24 投稿者:Cozy おすすめレベル:★★★★★

    「引っかかる」「ビビる」「音詰まりがある」「フィンガリングが滑らかにならない」と思ったら試す価値があると思います。
    私のギターは修正してもらってから抜群に弾きやすくなりました。
    何かギターが蘇った感じ!
    チョット値段が高く思うかもしれないけど、やってもらって納得!
    かなりオススメできます♪

  • リペアの悪魔に魂売った直系の最高のセットアップ

    2017/04/24 投稿者:りゅーと おすすめレベル:★★★★★

    自分が長らく手放していたフェンダーテレキャスターを @GLIDE_guitar さんにPlekセットアップコースで蘇らせていただきました。
    Plek、是非やってみてください。別の竿になります。

    リペアの悪魔に魂売った直系の最高のセットアップ、いつもありがとうございます!!!
    ※Twitter 投稿より、ご本人の許可を得て、投稿しております

    Plek 対象: Gibson Les Paul 1959 Reissue

  • Plekをする意味。

    2017/04/24 投稿者:空也 おすすめレベル:★★★★★

    実は Plek をするのは初めてではなく、以前に Plek Japan 様で一本。
    東海地方の Plek 取扱店様の Plek 済機材を購入した事があり、GLIDE 様で Plek をしていただいたのは都合3本目の Plek でした。

    私の場合は女川のガレージに直接お伺いしてお願いしましたが、直に作業して頂く職人さんに、自分の必要とする弦高やプレイスタイルを伝えながら打ち合わせ出来ますし、Plekの動作してる状況も見させて頂きました。

    計測後の状態、そして調整後どういった変化をしていくのかを
    数値と図で説明して頂けるのも安心につながりました。

    自分が考えるPlekする事の意味としては
    ※楽器がきちんと鳴るセッティングと演奏性の擦り合わせ。
    ※楽器毎のセッティングのバラツキを極力なくしていく。

    自分の楽器の状態とそれを元に調整した時の結果予測、そして調整をした結果。この事を感覚ではなく数値で見せられる事は非常に分かりやすく他の楽器のセッティングをしていく上でも有用だと思いますし、経年や環境の変化でセッティングが変わったとしても、再度元のセッティングに近づける事も容易になるかと思います。

    Plekと言うマシンそのものが素晴らしいものではありますが、より自分にとって有益なものにするには、オペレートしてくれる方とのコミュニケーションが重要であると感じます。

    そう言った意味でも、直接お願い出来る場所にPlekが有る。
    それはプロアマ問わずミュージシャンにとって素敵な事だと思いました。

  • plek 後の管理が大事

    2017/04/24 投稿者:NACK おすすめレベル:★★★★

    plek をかけてもらった後、一週間の様子見をしてもらわずに持ち帰って弾いていたため、直後は別の楽器を弾いているかのように弾きやすくなりましたが、少しずつ弾きづらくなってきました。

    そのため、plek 後は一週間しっかりと GLIDE STORE に預けて、変化が落ち着いてから、もしくはこまめに見てもらいにいくことが必要と感じます。

    なかなか定期的にお店に足を運ぶ、預けておくといったことが難しいため、★4 とさせていただきました。

    Plek 対象: Sago Order Model