提携海外メーカー

Red Layer Guitars


ロゴをクリックすると特設ページにアクセスできます。


Red Layer Guitarsは、オランダのアムステルダムでギター製作を行うJort Heijen氏のブランドです。

AutoCADを駆使して作成される独創的なデザインと、モダンなサウンドが魅力で、近年、国内の認知度も高まっております。

ビルダーのJort Heijen氏は、アムステルダムの木材の加工と家具の製作を学ぶ学校に通った後、オランダの工房“Adamovic Basses”でギター製作技術を会得。叔父からCNCマシーンを譲り受け、ギターやパーツを製作する為だけにこの機械を使用しました。
Jort Heijen氏は「Meshuggah」をこよなく愛し、MeshggahのベーシストDick Lövgren氏がヨーロッパツアー中にAdamovic Bassesを訪れた際に、彼のベース製作をサポートしました。その時に製作されたDick Lövgren氏のベースにインスピレーションを受けて製作した8弦ギターが後に” Red Layer Guitars “の代表的なモデルです。

なお、Jort Heijen氏は優れたAutoCADの技術を持っており、前述の木材の加工と家具の製作を行う学校の常勤テクニカル インストラクターも務めております。学生たちに AutoCAD の操作を学べば何ができるようになるかを見つけてもらうことに情熱を傾けています。



Skervesen Guitars


 ロゴをクリックすると特設ページにアクセスできます。
 


“Skervesen Guitars”は、ポーランドでギター・ベースの製作を行うブランドです。創始者でありオーナーでもあるJarek Konkol氏は1980年代からギター製作を行なっていました。ポーランドのあるギターメーカーで12年間働きながら様々な人々にギター製作を教わり、確かな知識と経験を積み上げます。

1998年にCAD/CAMの技術に感銘を受けた同氏は、家具やインテリアデザインの作成に専念する為にインテリア会社を設立します。
そして2011年、インテリア会社でデザインに関わる多様な経験を培った同氏は満を持してSkervesen Guitarsを立ち上げます。
ハンドメイドでギターを製作していた経験とインテリア会社で培ったデザイン技術が遺憾なく発揮される” Skervesen Guitars “。創立から間もないですが、そのクオリティの高さと優れたデザインセンスが世界中のユーザーから支持を受け、急成長を遂げている注目のブランドです。