リフレット & Plek で本来の鳴りを最大限に楽しむことができるギターへ。

80年製 Tokai LS80 を、リフレット & Plek!
元々、とても良く鳴っていましたが、しっかり弾きこまれておりフレットもそれなりに消耗していたため、リフレットを施しました。


リフレット後にはもちろん、当店の特徴でもある Plek による超高精度のネック・フレットの測定と擦り合わせを行っています。

Plek はフレットを擦り合せる機械だと思われ勝ちですが、凄いのはその測定能力。人の視覚と聴覚では音詰まりと認識されないほどの超微細な音詰まりを、1/1000mm 単位のデジタル測定で数値化します。
その測定データに基づき、フレット擦り合わせと調整行います。今まで音詰まりがあると認識していなかった、数値上の音詰まりを取ってあげることで、シンプルに鳴りが格段に向上します。
厳密に言えば、向上ではなく、そのギター・ベースが本来持っている鳴りを、最大限に引き出すことができるのが Plek です。
もちろんこの LS も、そうすることで本来の鳴りを最大限に楽しむことができるギターへと生まれ変わりました。

それにしても、古い Tokai LS のサウンドは本当に良いですね。大きな特徴の一つでもあるニカワ接着のネックジョイントゆえか、非常にクリアで透き通ったクリーントーンはたまりませんね。国内外を問わず、多くのギターファンを惹きつけ続けているのも納得です。

今まで何本も古い Tokai LS に触れてきた小職ではありますが、この個体もまた、自信を持ってお勧めできる逸本です。






他のクラフトマン日記は
こちらから!