クラフトマン日記

  • ギター製作 道具紹介 「スクレーパー」

    ギターを製作する上で「専用工具」は必要不可欠な道具で、特殊な工程に対して使い勝手が良い様に考えられた工具が数多くあります。ドライバーやニッパーなどは製作にご縁が無い方でも何をする工具なのか一目で分かるのですが、専用工具には専門性故に何に使用する工具なのか想像もつかない見た目の物もあります。本日...
  • Gibson ギターの歴史 Part.4

    〜前回〜Gibson ギターの歴史 Part.3 https://bit.ly/2PUXRW8前回では、とうとう初代Les Paul Modelの産声が上がりましたね!この仕様のまま市場でFenderとバチバチ競争するかと思いきや、発表翌年の53年には早速マイナーチェンジを行います。改良点...
  • Gibson ギターの歴史 Part.3

    〜前回〜Gibson ギターの歴史 Part.2 https://bit.ly/2URuwkV前回は、良き好敵手であるFenderが50年にTelecaster(Broadcaster)を市場に発表し、エレキギター市場への参入でGibson社は一歩先を行かれてしまいました。 そんな中、皆さん...
  • レスポールは重い!?

    よく「レスポールは好きなんだけど、(重量が)重いから他のがいいかな。。。」という言葉を聞きます。「レスポールは重い」という印象を持たれている方は多いようです。はたしてそうでしょうか? 小職の知識と経験から言わせていただくと、間違いでもあり正解でもあります。 シンプルに回答すれば、グ...
  • Gibson ギターの歴史 Part.2

    今回のクラフトマン日記も前回に引き続きGibsonギター史になります! ↓Gibson ギターの歴史 Part.1↓https://bit.ly/2OYeqQc ※各項目の詳しい年代・詳細には諸説ある為、多少の誤差はご容赦お願いします。前回は、レスポール登場前までザックリ書きピックアップの...
  • Gibson ギターの歴史 Part.1

    本日の投稿は、ギター/ベースプレイヤーの方々なら一度は聞いた事があるメーカーの一つ『Gibson』のギターの歴史について書きたいと思います。※各項目の詳しい年代には諸説ある為、多少の誤差はご容赦お願いします。皆様のご存知のGibson社は「The Gibson Mandolin-Guitar ...
  • 新品楽器へのPLEKの必要性

    先週まで続いてました「ギター・ベース製造のプロセス」は今週はお休みしまして今回は当店GLIDEのサービスの一つ 、『新品ギター・ベースをPLEKを処置してから納品』に関して投稿します!早速ですが、この『PLEKを処置してから納品』のサービス「え?修理品とかじゃなくて新品に処置するの?何か意味あ...
  • 腕が悪いと思う前に

    今日は、初心者〜中級者の方向けの内容になりますが、その方々に、是非とも知っておきたいことがあります。それは、「ギターやベースは、定期的に調整やセットアップを施さなければならない」ということです。当店 GLIDE は開業以来、会社のある宮城県の高校や大学の軽音部での、無料の出張調整会を定期的に開...
  • PLEK実験シリーズ ~弦高調整実験~ 弦高調整レンチを90度回したら弦高は何mm変化するのか!?

    本日はPLEKを持っているからこそ出来る実験を投稿してみたいと思います!!実験の内容は「弦高調整レンチを90度回したら弦高は何mm変化するか」です。プレイヤーの方ご自信で弄っちゃう事も多いと思われる弦高調整ですが細かく「何mm弦高に変化がある」と意識してレンチを回している方は中々いらっしゃらな...
  • Sadowsky NYC “Standard 4”

    今日はSadowsky NYC “Standard 4”をご紹介。このモデルはボディの中をくり抜いた「チェンバードボディ」になっています。ボディの内部に空洞を作る事で軽量化はもちろん、鳴り方にも変化が生まれます。ソリッドボディ(中をくり抜いていないボディ)と比べると、どことなく音に膨らみが感じ...
  • Red Layer Guitars デモムービーのご紹介!

    GLIDEが提携しているオランダのギターブランドRed Layer Guitarsを購入された方が作成したデモムービーをご紹介します。 現在、同ブランドは来年1月にカルフォルニアで開催される世界最大のギターショーNAMM出展へ向けて大詰めを向かえています。ショー終了後にGLIDEへ入荷予定です...
  • ALIEN AUDIO L5-PJ35 SWL Lunar Bass の特殊塗装

    本日は件名にもある通り、本機に施されている見るからに特殊な塗装方法「Swirl塗装」についてご紹介します。日本ではマーブル塗装と言った方が馴染みがあるかもしれませんね。ギター・ベース以外にエフェクターの筐体の塗装にも見られる特殊塗装です。どんな見た目になるかは本機を見て頂ければ一目瞭然なのです...