Fender Custom Shop Postmodern Stratocaster Journeyman Relic が入荷!

先日、こんなギターを求めていた人には嬉しい1本が入荷しました!

Fender Custom Shop Postmodern Stratocaster Journeyman Relic Burgandy Mist



こちらのギターは一言で表すなら「長い歴史を誇るFenderラインナップの良いとこ取りモデル」といった所でしょうか。

一見、軽いレリック加工が施されていて ビンテージのリイシューモデルかな? となるのですが
仕様や中身はプレイアビリティや性能を考慮したハイスペックなモデルとなっております。

見た目はビンテージが好きだけど弾き易さは今の方が好き、なんてプレイヤーの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらの一本 Fender Custom Shop 製なだけあって、モダン仕様のパーツなどにもビンテージ加工が施されており、かなりの拘りが伺えます。

そんなモダン仕様の一つに「コンパウンドラジアス指板」という仕様があります。
本日はこちらの指板についてご紹介。

ビンテージ仕様のギターに見られる伝統的な指板は「円筒(円柱)指板」と言い、ナット側からブリッジ側までR(指板の丸み具合)が一定になります。
製造面でも成形がしやすく精度も高く仕上げられるというメリットがある反面、1弦や6弦がフレットに当たりやすいのがデメリットでした。

それを改善したのが、ナット側からブリッジ側に向けて徐々にRが変化していくように成形している「円錐指板(コンパウンド・ラディアス)」で、ビビらない分 弦高も低くすることが出来
出音やプレイアビリティにも大きなメリットを作り出します。

現在ではそんなに珍しい仕様でもなく、ジャクソンを始め国内でもフジゲンなど多くのメーカーで採用されています!



コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。