フレットの打ち込み方

本日は、毎日の様に当店で行われているリペアやギター製造においてのフレット打ち込みのお話しです。

え?ハンマーで打ち込むだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、下準備まで合わせると多く工程があります。

①フレット溝の確認
フレットの溝にゴミが入っていたり、深さが足りなかったりすると、どんなに強く打ち込んでもフレットが入り切らなかったりします。浅い場合は専用ノコギリで切り足します。

②フレットの下処理
指板にバインディングが施されている場合はオーバーバインディング加工がフレットの両端に対して必要になります。また、ここで指板のRに合わせてフレットも少し曲げてあげる必要があります。

③やっとここでフレットを打ち込む訳ですが、打ち込み方にコツがあります。
まず、フレットの両端を打ち込んでから真ん中~左右にかけて軽い力で打っていきます。
いきなりフレットの真ん中を力を入れて打つとフレットが谷折り状に曲がります。
※ハンマーもプラスチックハンマーを使って下さい。



今回は打ち込み方だけのご紹介ですが、打ち込んだ後は押し弦のポジション移動のし易さを左右するフレットサイド処理が待っています。

一言に「ただ打ち込むだけ」と言ってもやることがいっぱいですね。
しかし、どれか一つでも面倒がって工程抜いてしまうとキレイにフレットが打ち込めません!

リフレットをご希望の方は、是非とも各々の信頼できるギターショップに足を運びましょう!

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。