ウェザークラックが風格を醸し出す、Fender Precision Bass。

本日は、Fender Precision Bass 60年代後半〜70年代前半製をご紹介。

ご覧の通り、使用に伴って剥げた塗装やウェザークラックが風格を醸し出しています。
長年使用されてきたことで木材のポテンシャルも十分に引き出され、弦を弾くと心地よい振動が体に伝わり、ただ弾くだけでもベースの楽しさを教えてくれるような逸品です。

フレットはミディアムジャンボサイズに変更されており、ビンテージベースの「鳴り」は好きだけど、背の低いフレットの演奏性は苦手...という方でも手に取りやすいベースです。

入荷時にはナットがあまりにも低すぎ、開放弦を弾くときにビビりが出てしまっていたのでオイル牛骨ナットへ交換。
さらにPlekによるフレット擦り合わせや調整も施し、現代のプレシジョンベースと比べても遜色ない程に優れた演奏性を誇るビンテージベースとなりました。


コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。