ご存知ですか? ふるさと納税で、超高精度なギター・ベースの測定と調整が行えます!

ギタリスト・ベーシストの間でも認知の広がりつつある、1/1000mm 単位でギター・ベースの測定と調整を行い、鳴りとフィンガリングを劇的に高める Plek。
その Plek による測定と調整を、ふるさと納税で受けられます!

[Plek とは]
Plek とは、ネック、フレット、指板の状態を 1/1000mm 単位でデジタル測定し、その結果を元にしたフレット擦り合わせも 1/1000mm 単位で行う機械とその処置のことを指します。
修理に使うこともありますが、この測定と調整により、弦の振幅を最大限に活かし鳴りを最大限に高め、かつフレット面がなめらかになることで、フィンガリングも向上します。
例えば、音詰まりが無いと思っていたギターでも、1/1000mm 単位で測定すると、データ上は音詰まりが発生しているということがよくあります。耳では感知できなかったその音詰まりを Plek により取り除いてあげると、「このギターはこんなに鳴るのか!」というほど鳴りが向上することもよくあります。
厳密に言えば、向上させるというよりも、その個体が本来持っていた鳴りを最大限に引き出すという方が合っているかもしれません。
Plek を体験した方々からは、「新品のギターでも、まず Plek した方がいい」という声も多くいただいております。

Plek についての詳細はこちら

Plek の説明動画はこちら

[ふるさと納税とは]
ふるさと納税とは、全国の自治体に寄附ができる制度です。寄附に対して返礼品がもらえ、寄附した額の所得税や住民税の還付や控除が受けられる仕組みです。

ふるさと納税を利用した Plek のお申し込みはこちら

ふるさと納税の詳細はこちら

 

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。